本文へスキップ

河川・橋梁・道路・上下水道・橋梁長寿命化修繕計画・橋梁点検・災害復旧 溝田設計事務所

TEL. 0942-38-6548

〒830-0032 福岡県久留米市東町480-16

橋梁の拡幅設計

橋梁の拡幅設計

(1)業務概要
  既存橋梁の拡幅設計では以下のような目的をもって業務が発注される。
  ・前後の道路幅員に対して橋梁がネック部となっている。
  ・道路拡幅に伴い、既存橋梁を利用して橋梁幅員を拡幅したい。
  ・歩車道分離のため拡幅したい。
  以下に1例として下小川橋の拡幅の手順を示す。

(2)調査
    1)現況の橋梁を調査する。
      橋台の状況、基礎の推定等を行う。
      添架物の調査を行う。
    2)現況の側溝の排水状況、地下埋設物等を調査する。
    3)前後の道路の状況、周辺の宅地等を調査する。
    

(3)設計
    1)基礎工…PHC杭
    2)橋台の拡幅…逆T式橋台とし、現橋台横に継ぎ足す。
    3)上部工の拡幅…縦目地を介し、桁を2本架ける。
    4)道路線形のすりつけ…橋梁区間前後の線形を見直す。

   

        〈施工前〉           〈施工後〉 
  

(4)拡幅設計で心がけたこと
   1)既設部と新設部の一体感
     拡幅しない側の地覆及び高欄を付け替え、橋梁全面を舗装することで、橋梁全体のリニューアル感を
    出した。
   2)道路の線形の見直し
     橋梁区間前後の線形を見直すことにより、道路の連続性がよくなるよう配慮した。

バナースペース

株式会社溝田設計事務所

〒830-0032
福岡県久留米市東町480-16

TEL 0942-38-6548
FAX 0942-38-6544